食パン専門店 マチダベッカリー

11:00~20:30(火曜定休)

Scroll

新着情報

  • 2020.01.25

    \\ 2020年2月1日(土)11:00オープン //

  • 2020.01.25

    WEBサイトOPENしました。

パン作りへの想い

マチダベッカリーでお届けする
パンは
「パン以上ケーキ未満®」
を目指しています。

それは、パンを食べる時間を
「ゆっくりした時間」にするための、
マチダベッカリーのこだわり。
日常食である
パンと、非日常食であるケーキ。
そのどちらの要素も、マチダベッカリーの
パンは取り入れています。

そして、「パン以上ケーキ未満®」という
言葉には、
日常の中で特別な非日常の時間を
作り出す、という意味も込めています。

家族そろって笑顔で、普段とはちょっと
違う特別なパンを食べる時間。
そんな時間を、マチダベッカリーは
提供したいと願っています。

商品紹介

880円+税(8%)
ゆめちから もちもち生食パン
「美味しい食パンがある日常をお届けする」という当店の思いと、安心、安全でどこにもないおいしさを追求し…

詳しく見る

760円+税(8%)
ゆめちから 全粒粉生食パン
通常の小麦粉に比べ糖質が少ない「全粒粉」を使用したゆめちから100%の生食パンです。普通は製造の過程…

詳しく見る

980円+税(8%)
レーズン食パン
どこを切ってもレーズンがたっぷり詰まった贅沢な生食パンです。北海道産のゆめちからを100%使用した …

詳しく見る

3つのこだわり

ゆめちから
もちもち生食パン
ゆめちから
全粒粉生食パン
commit01

北海道産小麦
「ゆめちから」単一品種による
生食パンづくりにこだわります。

北海道産小麦「ゆめちから」単一品種による生食パンは、マチダベッカリーを象徴するパン。
超強力粉である「ゆめちから」のみを使った生食パンは、その開発に3年の歳月を費やしました。
その結果、ゆめちからを原料とした3種類の生食パンが完成しました。

いずれの生食パンも、ゆめちからという小麦の風味が生かされ、一般に流通する食パンに比べて、
もちもちとした食べ応えのある食感が特徴的です。さらに、小麦の甘味に加え、ふんだんに使用した
バターやミルクの豊かな味わいが印象的な生食パンになっています。

まさに、「パン以上ケーキ未満®」の味と食感です!

北海道産小麦「ゆめちから」単一品種による生食パンは、マチダベッカリーを象徴するパン。
超強力粉である「ゆめちから」のみを使った生食パンは、その開発に3年の歳月を費やしました。
その結果、ゆめちからを原料とした3種類の生食パンが完成しました。

詳しく読む

いずれの生食パンも、ゆめちからという小麦の風味が生かされ、一般に流通する食パンに比べて、
もちもちとした食べ応えのある食感が特徴的です。さらに、小麦の甘味に加え、ふんだんに使用した
バターやミルクの豊かな味わいが印象的な生食パンになっています。

まさに、「パン以上ケーキ未満®」の味と食感です!

commit02

パンの原材料に
徹底的にこだわります。

小さなお子さんからお年寄りまで、同じパンを「安心して」召し上がっていただくために、
保存料は一切使用しません。一般で販売されている大量生産品のパンをはじめ、多くのパン屋さんでは、
日持ちを優先させるために国の安全基準に適った保存料を使用しています。
そのため、使用する保存料の「安全」に問題があるわけではありません。

しかし、安全であるからといって「安心」であるとは限らない。特に、小さなお子さんのいるご家庭では、
保存料そのものに対する「不安感」を持つ方も少なくありません。
それは、「安心」は人の心――感性で感じるものだからです。

そのため、「安全」に対する科学的エビデンスを示されても、感性の部分で不安感は残るもの。
マチダベッカリーは、このような「安全だからといって安心できるわけではない」という考え方で、
保存料は一切使用していません。全てのお客様に「安全」と「安心」を感じてもらいたいからです。
さらに、無農薬の食材にこだわっているのも同様な理由からです。

小さなお子さんからお年寄りまで、同じパンを「安心して」召し上がっていただくために、
保存料は一切使用しません。一般で販売されている大量生産品のパンをはじめ、多くのパン屋さんでは、
日持ちを優先させるために国の安全基準に適った保存料を使用しています。
そのため、使用する保存料の「安全」に問題があるわけではありません。

詳しく読む

しかし、安全であるからといって「安心」であるとは限らない。特に、小さなお子さんのいるご家庭では、
保存料そのものに対する「不安感」を持つ方も少なくありません。
それは、「安心」は人の心――感性で感じるものだからです。

そのため、「安全」に対する科学的エビデンスを示されても、感性の部分で不安感は残るもの。
マチダベッカリーは、このような「安全だからといって安心できるわけではない」という考え方で、
保存料は一切使用していません。全てのお客様に「安全」と「安心」を感じてもらいたいからです。
さらに、無農薬の食材にこだわっているのも同様な理由からです。

commit03

マチダベッカリーは、
誰もが楽しく
また来店したくなる
お店づくりを志します。

店内の雰囲気は、お店の外にまで溢れ出るもの。お店の前を通りかかったお客様が、
ふと立ち寄りたくなるような幸せの空気を、店内に入ってきたお客様が、パーッと明るい笑顔になって、
「また来たい!」と思っていただけるような、そんなお店づくりを志しています。

そのためには、スタッフ全員が明るく楽しく、幸せの波動を周囲に振りまく、
太陽のような人間にならなくてはなりません。
「太陽のような人間」とは、その人と接するだけで明るく笑顔になり、
周囲を明るく照らす空気感を作れる人のこと。

お客様に笑顔になっていただくために、スタッフの対応はもちろん、
お客様に提供する商品一つひとつが、「ここでしか手に入らないパン」であるよう、常にお客様の声を聴きながら、
商品開発に取り組んでいきたいと考えています。

店内の雰囲気は、お店の外にまで溢れ出るもの。お店の前を通りかかったお客様が、
ふと立ち寄りたくなるような幸せの空気を、店内に入ってきたお客様が、パーッと明るい笑顔になって、
「また来たい!」と思っていただけるような、そんなお店づくりを志しています。

詳しく読む

そのためには、スタッフ全員が明るく楽しく、幸せの波動を周囲に振りまく、
太陽のような人間にならなくてはなりません。
「太陽のような人間」とは、その人と接するだけで明るく笑顔になり、
周囲を明るく照らす空気感を作れる人のこと。

お客様に笑顔になっていただくために、スタッフの対応はもちろん、
お客様に提供する商品一つひとつが、「ここでしか手に入らないパン」であるよう、常にお客様の声を聴きながら、
商品開発に取り組んでいきたいと考えています。

店舗情報・アクセス

店舗名
マチダベッカリー
営業時間
11:00~20:30(完売次第営業終了)
所在地
〒194-0013 -東京都町田市原町田6−10−19 1F
定休日
火曜定休(祝日営業)
駐車場
無し
アクセス
小田急町田駅 徒歩30秒

ストーリー

「マチダベッカリー」は、保存料を使わない
パンづくりと、国産小麦「ゆめちから」単一品種への
こだわり、
無農薬の素材と添加物を使用しない
「安全・安心」な手作りパンで人気の
「サニーベッカリー」(東京都町田市旭町
1-21-14 代表:小山雅明)2号店として
誕生しました。
「広告会社の作ったパン屋さん」としてTBSを
はじめとする各種メディアでも
取り上げられることが多く、
おかげさまで地元・
町田市では徐々に知られるようになりました。

しかし、「ベッカリー」の原点が社員食堂に
あったことは、あまり知られていません。

詳しく読む

もともとサニーベッカリーの
パンは、
アイワ広告の社員食堂から生まれたパンが原点です。

アイワ広告は、企業・店舗・医療機関のブランディング支援を行う会社です。
ある時、クライアントである飲食店のコンサルティングをするにあたり、私はマーケティング調査の一環として、
「食事に関する調査」を行いました。その際、アイワ広告社員の食事調査も同時に行いました。
2週間にわたり、一日の食事内容のアンケートを取ったのですが、そこで出た結果に私は本当に驚きました。

アンケートに記された内容は、「コンビニ弁当」「牛丼」「ラーメン」「ハンバーガー」といったファストフード食品ばかり。
中には、朝食抜きで昼食と夕食を一緒に摂る、という日が頻繁にある社員もいました。
あるいは、連日「牛丼・ラーメン・ラーメン」という
回答もあり、社員の健康に対するあまりの関心のなさに、私は憂慮を覚えたほどでした。

食事は健康の基本となるものです。
食に関心のない社員の
健康を守るためには社員食堂が必要だと感じました

2009年、社員食堂が本社社屋の3階に誕生。この時アイワ広告は、社員数30人ほどの本当に零細な企業でした。
そのような零細企業で、専属のシェフを置いた社員食堂というのは、珍しいもので、いろいろな人から珍しがられたものです。

しかし、零細企業であろうと大企業であろうと、社員の健康を守ることは、経営者としての責務だと思っていました。
社員食堂という場があることで社員の健康管理が可能になるのであるなら、作るべきだと考えたのです。

社員食堂で使用する食材は、地方出身の社員の実家から送られてくるものを主に使用することにしました。
実家の親御さんから送られてくる食材には、子どもに対する「親心」が込められています。
子どもの健康を祈り、安全で安心な食材を送ってくれています。その食材をふんだんに使い、
足りないものは顔の見える生産者の作った食材を加え、栄養のバランスが取れた美味しい
食事を毎日社員に提供できるようになりました。

あるとき、北海道出身の社員の実家から、北海道産の小麦粉が送られてきました。食堂のシェフが、
その小麦粉でパンを焼いてみたところ、驚くほどもちもちしていて、小麦粉の風味が味わい深く、
コンビニなどで売っている市販のパンとは違った食感と味に驚きました。

このパンが社員食堂を使うお客様にも好評で、徐々にうわさが広がり、「アイワ広告の写真食堂で出すパンは美味しい」
という評判を、多方面から頂くようになりました。これが、サニーベッカリー誕生のきっかけとなりました。

「無農薬・添加物のない生産者の顔が見える食材」を使った
社員食堂から生まれたパン。

ここには、子どもの安全と安心を願う親御さんの気持ちが込められていました。
サニーベッカリーをオープンするにあたり、「子どもに伝えたい親心」は、パンづくりの基本に置きました。

どれだけ手間がかかっても、添加物や保存料を使わないパン。全ての親御さんが子どもに安心して与えられるパン。
私はパンを通じて、地域の方々に「親心」を届けたいと願っています。

そして現在、サニーベッカリーからマチダベッカリーへと、社員食堂から生まれたパンがつながっています。
「安全安心」なパン――小さな子どもからお年寄りまで、家族が笑顔で楽しめるパンを作り、提供することを基本コンセプトに、
徹底的に無農薬の食材と添加物を使わない製法へのこだわりは、これからも続けていきます。

マチダベッカリーは、プロのパン職人からの視点ではなく、消費者であるお客様一人ひとりの思いを形にして、
パンづくりとお店づくりをしていきたいと考えています。
それこそが、お客様の心からの笑顔を生み出すものだと信じているからです。

#マチダベッカリー
公式インスタグラム

お問い合わせ

商品や店舗情報に関して

下記メールアドレス宛へ、ご要望内容をご記入の上、送信をお願いします。後日、担当者からご連絡をさせていただきます。

*商品の予約について
混雑が予想されるため、現在ご予約は承っておりません。

aiwa@aiwa-ad.co.jp

店舗取材・広報、経営本社に関して

店舗取材等には可能な限りご対応させて
いただきます。

042-785-5958 (本社営業事務所)